【AWS】EC2の作成

EC2はAWSの中でも基本的なサービスで、簡単に仮想サーバーを構築することができる。

EC2インスタンスの作成

EC2のダッシュボードのメニューからインスタンスを選択し、インスタンスの作成をクリック。

ステップ 1

AMIの選択は、クイックスタートの中のAmazon Linux 2 AMIを選択。

ステップ 2

インスタンスタイプの選択では、無料利用枠の対象の「t2.micro」を選択。

ステップ 3

インスタンスの詳細の設定では、ネットワークでは作成したVPCを選択(例:aws-vpc)

サブネットも作成したパブリックサブネットを選択(例:aws-public-subnet-1a)

自動割り当てパブリック IPは、グローバルIPアドレスを割り当てるかの設定。今回は有効にしておく。

キャパシティーの予約は料金がかかるのでなしにしておく。

ネットワークインターフェイスでは、プライベートIPアドレスも割り当てておく。

サブネットの範囲内のIPアドレスを設定しておく(例:192.168.10.10)

ステップ 4

ストレージの追加では、ボリュームタイプを汎用SSDを選択。

ステップ 5

タグの追加では、好きな名前をつけておく(例:キーに「Name」、値に「aws-web」)

ステップ 6

セキュリティグループの設定では、新しいセキュリティグループを作成するを選択し、セキュリティグループ名は好きな名前を入力(例:aws-web)

確認し、起動ボタンをクリック。

これで、EC2が起動する。

最後にキーペアを作成できるので、適宜PCに保存しておく。

キーペアは、EC2に接続する際に必要なものなのでわかるところに保存しておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です