我必ずしも聖(せい)に非(あら)ず、彼必ずしも愚(ぐ)に非ず、共に是(こ)れ凡夫(ぼんぷ)のみ

この言葉は、聖徳太子が作った『十七条憲法』 の中の一文。

自分が必ずしも他正しいとは言えない、彼が必ずしも間違っているとは言えない、お互い間違いばかりをしてしまう人間同士なんだから

人間はいつも自分の考えが正しいと自惚れがちである。

これが怒りの原因になってしまう。

『自分が言っていることが絶対正しいんだー!』みたいな場面は、往々にしてある。

だから、自惚れてしまわないように気を付けようねってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です