【JS初心者向け】コールバック関数について解説

JavaScriptをやっていて、「async/await」ってなんやって思って、ググったら「Promise」の進化版ってことらしい。

今度は「Promise」をググったら、コールバック関数の概念が必要ってことが分かった。

とういうことで、コールバック関数とコールバック関数の必要性について説明する。

コールバック関数について

コールバック関数とは、「引数として渡される関数」こと。

そして、渡された先で関数を実行処理する。

あの処理が終わったタイミングで、この関数を実行したい」といった場面で使われる。

まず、setTimeout関数を使って簡単にコールバック関数について説明する。

以下のように、setTimeoutという関数の引数として関数を渡して、setTimeout内で実行させている。

setTimeout(() => {
  console.log('Hello,world!')
}, 1000);

ここで、コールバック関数は、「() => { console.log(‘Hello,world!’)}」。

コールバック関数を受け取る側の関数は、setTimeout()ということになり、この「コールバック関数を受け取る側の関数」は、「高階関数」と呼ばれる。

JavaScriptでは「関数」も「値」

関数の引数へ、違う関数を渡すことができると説明した。

これはJavaScriptでは、関数を値として扱うことができるからだ。

どういうことかというと、関数を変数に入れることができるということ。

関数を変数に入れるには、関数名の後ろにカッコをつけない。

以下のよう。

function hello(){
  console.log('Hello,world!')
}

// 関数を変数へ代入するときは、カッコをつけない
const helloFunc = hello

// 関数を呼び出す場合はカッコをつける
helloFunc() // Hello,world!とコンソールに表示
hello() // Hello,world!とコンソールに表示

関数に関数を渡して実行することで順序を制御

関数は値なので、関数の引数へ渡すことができる。

そして、引数で渡した関数を渡した関数の中で実行ができる。

さっきのコードにbye()とう関数を追加して、それをhello()関数の引数として渡す。

そして、渡した関数を渡された関数の中で実行する。

function hello(func){
  console.log('Hello,world!')
  func()
}

function bye(){
  console.log('Bye!Bye!')
}

hello(bye)
// 表示結果
// Hello,world!
// Bye!Bye!

みてわかる通り、hello()関数の内容が実行された後からではないと、bye()関数が処理されないようになっており、実行順序を制御している。

このように、「あの関数処理の後に、この関数を実行する」といった処理にしたいときに使うのがコールバックだ。

この場合、bye()がコールバック関数、hello()が高階関数になる。

前述したように、高階関数はコーバック関数を受け取る側の関数のこと。

また、bye()の内容をそのまま、hello()の引数に入れて、以下のように書くこともできる。

function hello(func){
  console.log('Hello,world!')
  func()
}

hello(function(){
  console.log('Bye!Bye!')
})
// 表示結果
// Hello,world!
// Bye!Bye!

さらに、渡した関数に値を渡して実行もできる。

function hello(func){
  console.log('Hello,world!')
  func('Bye!Bye!')
}

hello(function(msg){
  console.log(msg)
})
// 表示結果
// Hello,world!
// Bye!Bye!

ちなみに、この場合だとfunction(msg)がコールバック関数、hello()が高階関数になる。

コールバック関数の必要性と使い所について

JavaScriptでコールバック関数の使い所はというと、「非同期処理」と組み合わせて使われる。

まず、JavaScriptは非同期処理を前提として設計されたスクリプトであることを理解しておく。

非同期処理では、実行順序がコードの通りにならない場合がある。

例えば、APIを呼び出してそのデータを扱いたい場合、APIから渡してもらうデータを全て読み込んだ後に処理を実行しなければ、データを扱うことはできなくなる。

つまり、実行順序を制御する必要がある。

そのため、コールバック関数で制御処理するという方法が用いられる。

次で例を出す。

コールバック関数と非同期処理の組み合わせ例

非同期処理をする関数であるsetTimeoutを使って、コールバック関数と非同期処理の組み合わせ例と出す。

まずは、コールバック関数なしだとうまくいかない例を出す。

うまくいかない例(コールバック関数なし)

function getHello(){
  setTimeout(function(){
    return 'Hello,World!'
  },2000)
}

const hello = getHello()
console.log(hello) // undefinedになってしまう

これの例だと、getHello()の中の処理が、2秒後にしか実行されないので、console.log(hello)は、undefinedになる。

うまくいく例(コールバック関数あり)

先ほどのうまくいかない例に、コールバック関数をつかって書き直す。

function getHello(callback){
  setTimeout(function(){
    callback('Hello,World!')
  },2000)
}

getHello(function(msg){
  console.log(msg)
})

まず、function(msg){console.log(msg)}というコールバック関数を作成して、getHello関数の引数として渡してあげる。

そして、setTimeoutの中でコールバック関数を実行させてあげることで、2秒後に「Hello,World!」と表示されるようになる。

つまり、非同期処理をする関数でも、コールバック関数を使えば、実行順序を思い通りに実行することが可能になる。

しかし、コールバック関数の処理が増えていくと、見た目の構造がどんどん複雑化していく傾向にある。

この複雑化をコールバック地獄という。

次に、コールバック地獄とはなにかについて説明する。

コールバック地獄とは

コールバック地獄について、簡単に説明する。

以下のように、2秒おきにメッセージを上から順番に出したい場合。

  • こんにちは、太郎。
  • やぁ、こんにちは、花子。
  • いい天気だね。
  • 今日はどこに行こうか。
  • そうだね。とりあえずスタバに行こう。

これを2秒ごとに出してくとなると以下のようなコードになる。

function func_01(callback) {
  setTimeout(function () {
    console.log("こんにちは、太郎。");
    callback();
  }, 2000);
}

function func_02(callback) {
  setTimeout(function () {
    console.log("やぁ、こんにちは、花子。");
    callback();
  }, 2000);
}

function func_03(callback) {
  setTimeout(function () {
    console.log("いい天気だね。");
    callback();
  }, 2000);
}

function func_04(callback) {
  setTimeout(function () {
    console.log("今日はどこに行こうか。");
    callback();
  }, 2000);
}

function func_05() {
  setTimeout(function () {
    console.log("そうだね。とりあえずスタバに行こう。");
  }, 2000);
}

func_01(function () {
  func_02(function () {
    func_03(function () {
      func_04(function () {
        func_05();
      });
    });
  });
});

最後の呼び出している関数が入れ子の入れ子の…状態になっている。

とても分かりにくくする。

これを俗に、コールバック地獄という。

そして、コールバック地獄対策のために登場したのが「Promise」で、非同期処理を簡潔に書くことが可能になる。

Promiseについては下記↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です