Laravelでログイン機能の作り方手順【XAMPP】

Laravelの認証機能をつかって、よくあるログイン機能を作っていきます。

Laravelインストール

適当なプロジェクト名でLaravelをインストールします。

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel laravel_login

データベースの設定

データベースは、MySQLを使用します。

.envファイルを開いて以下ののように、データベース名、ユーザー名、パスワードを設定ます。

DB_DATABASE=login_db
DB_USERNAME=root
DB_PASSWORD=

データベースの作成

データベースの設定で記述したデータベース名でデータベースを作成します。

MySQLにログインします。

>mysql -u root

mysqlコマンドが使えない場合は、Pathを追加する必要があります。
XAMPPでMySQLコマンドを使えるようにする方法【Windows10】

データベース作成

mysql> create database login_db;

作成されたか確認しておきます。

mysql> show databases;

できたら一旦、MySQLを終了しておきます。

mysql> exit;

マイグレーションを実行する

>php artisan migrate
Migration table created successfully.
Migrating: 2014_10_12_000000_create_users_table
Migrated:  2014_10_12_000000_create_users_table
Migrating: 2014_10_12_100000_create_password_resets_table
Migrated:  2014_10_12_100000_create_password_resets_table

認証機能を作るartisanコマンドを実行する

>php artisan make:auth
Authentication scaffolding generated successfully.

これでなんと、認証機能に最低限必要なファイルは生成されていまうんです。

以下の3つの機能が実装されています。

  • ログイン
  • 登録
  • パスワードリセット

ブラウザで確認します。

「/home」へアクセスしてください。

こんな感じで、ログインフォームやら、登録機能やらができあがっています。

動作確認

「登録」や「ログイン」、「パスワードリセット」を実際に動作するか確認しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です