【初心者向け】Nuxt.jsでのVuexのクラシックモードとモジュールモードについて

Nuxt.jsで状態管理を行うライブラリであるVuexのクラシックモードとモジュールモードについて説明。

まず、新規Nuxtプロジェクトを作成

以下、コマンドでテスト用にNuxtプロジェクトを作成しておく。

npx create-nuxt-app vuex-test

初期設定をどうするか聞かれるが、すべてEnterキーを押下して進めてOK。

Vuexのデータフローについて

VuexにはState、Mutation、Actionといったデータフローがある。

State(ステート)

ストアの状態を保持しているところ。

Vueコンポーネントから直接操作をすることはできない。

Mutation(ミューテーション)

Vuexストアの状態を唯一操作ができる。

Action(アクション)

Mutationを呼び出す役割をする。

外部とのAPI通信したい場合はここに書く。

また、非同期処理を書く時もここに書く。

Vuexの2つのモード

Vuexにはクラシックモードとモジュールモードの2つのモードがある。

  • クラシックモードは内容を1つのファイルで管理する。(store/index.js)
  • モジュールモードは内容を複数のファイルで管理する。(store/*.js)

大規模開発になるとモジュールモードで分けた方が管理しやすい。

また、クラシックモードは次のメジャーアップデートで廃止予定…

クラシックモードで利用

まずはStateを作成する。

State(ステート)を使う

storeディレクトリ配下にindex.jsを作成して以下のように編集。

import Vuex from 'vuex'

const helloWorld = () => {
  return new Vuex.Store({
    state: function () {
      return {
        message: 'Hello, World'
      }
    }
  })
}
export default helloWorld

state部分が状態を管理する値を設定するところ。

stateの値はfunctionにするのがルールで、その中に状態管理したいデータをオブジェクト形式で設定する。

pagesディレクトリのindex.vueを以下のように編集する。

<template>
  <div style="padding:20px;">
    <p>{{ $store.state.message }}</p>
  </div>
</template>

npm run devで開発モードで実行する。

ブラウザで確認し、「Hello, World」の表示ができればOK。

Mutation(ミューテーション)を使う

Mutationを使ってStateの値を変更する。

store/index.jsを編集する。

mutationsを追加する。

import Vuex from 'vuex'

const helloWorld = () => {
  return new Vuex.Store({
    state: function () {
      return {
        message: 'Hello, World'
      }
    },
    mutations: {
      updateData: function (state, payload) {
        state.message = payload
      }
    }
  })
}
export default helloWorld

functionに第二引数(payload)を設定するとは、Vueコンポーネントから値と受け取ることができる。

次に、index.vueにmutationsに処理をさせるボタンを設置する。

<template>
  <div style="padding:20px;">
    <p>{{ $store.state.message }}</p>
    <br />
    <button @click="$store.commit('updateData', 'send mutations')">
      mutations!
    </button>
  </div>
</template>

$store.commitの第二引数に渡したい値を入れる。

ブラウザで確認して、ボタンをクリックすると「send mutations」と表示が切り替わればOK。

Action(アクション)を使う

store/index.jsを編集する。

actionsを追加する。

import Vuex from 'vuex'

const helloWorld = () => {
  return new Vuex.Store({
    state: function () {
      return {
        message: 'Hello, World'
      }
    },
    mutations: {
      updateData: function (state, payload) {
        state.message = payload
      }
    },
    actions: {
      updateDataAction(context) {
        context.commit('updateData', 'send actions')
      }
    }
  })
}
export default helloWorld

次にindex.vueを編集してactionsを実行できるようにする。

$store.commit$store.dispatchに変更。

<template>
  <div style="padding:20px;">
    <p>{{ $store.state.message }}</p>
    <br />
    <button @click="$store.dispatch('updateDataAction')">
      actions!
    </button>
  </div>
</template>

ブラウザで確認して、ボタンをクリックすると「send actions」と表示が切り替わればOK。

さらに、$store.dispatchの第二引数に値を渡すこともできる。

index.vueを以下のように変更

<template>
  <div style="padding:20px;">
    <p>{{ $store.state.message }}</p>
    <br />
    <button @click="$store.dispatch('updateDataAction','add value')">
      actions!
    </button>
  </div>
</template>

store/index.jsでも値を受け取れるように設定。

import Vuex from 'vuex'

const helloWorld = () => {
  return new Vuex.Store({
    state: function () {
      return {
        message: 'Hello, World'
      }
    },
    mutations: {
      updateData: function (state, payload) {
        state.message = payload
      }
    },
    actions: {
      updateDataAction(context, payload) {
        context.commit('updateData', payload)
      }
    }
  })
}
export default helloWorld

ブラウザで確認して、ボタンをクリックすると「add value」と表示が切り替わればOK。

モジュールモードで利用

今まで記述してきたクラシックモードをモジュールモードに変換していく。

モジュールモードを有効になる条件として、store/index.jsをexportしないこと、又はstore/index.js自体が存在しないことがあげられる。

storeディレクトリ配下に、jsファイルをおくことモジュールとして自動登録される。

モジュール名も作成したファイル名となる。

モジュールモードのファイルを作成

storeディレクトリ配下にhelloworld.jsを作成し、クラシックモードからモジュールモードに書き換えるよう、以下のように編集する。

export const state = () => ({
  message: 'Hello, World'
})

export const mutations = {
  updateData: function (state, payload) {
    state.message = payload
  }
}

export const actions = {
  updateDataAction(context, payload) {
    context.commit('updateData', payload)
  }
}

次に、index.vueの編集もする。

<template>
  <div style="padding:20px;">
    <p>{{ $store.state.helloworld.message }}</p> //$store.stateの後に『helloworld.』を追加
    <br />
    <button
      @click="$store.dispatch('helloworld/updateDataAction', 'add value')" // 『helloworld/』を追加
    >
      actions!
    </button>
  </div>
</template>

最後にいらなくなった、store/index.jsを削除。

最後に、ブラウザで確認して、ボタンをクリックすると「Hello, World」が「add value」へと表示が切り替わればOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です