JavaScript(ES2015)アロー関数の省略の書き方とthisの束縛について

ES2015(ES6)から追加されたアロー関数だが、省略した書き方が色々あるのでまとめてみる。

アロー関数の基本形

アロー関数は基本的には、無名関数(匿名関数)の省略記法で、その名の通り=>を使って関数リテラルを定義する。

まずは基本形から。

普通の無名関数の記述

function(params) {
  // 処理の内容...
}

アロー関数を使った無名関数の記述

(params) => {
  // 処理の内容...
}

アロー関数の省略系

引数が1つの時 引数の() を省略できる

params => {
  // 処理の内容...
}

引数がない時は、() を書く必要がある。

() => {
  // 処理の内容...
}

処理の内容が1つだけの場合、{} を省略できる

params => returen value

値を返すだけの時、return を省略できる

params => value

オブジェクトを返す時は() で囲む必要がある

オブジェクトリテラルを返す時は、{} が関数ブロックと解釈されてしまうため () で囲む必要がある。

const f = param => ({foo: "bar"})
console.log(f()) // { foo: "bar" }

() で囲むルールが逆に見づらい場合は、素直に return でオブジェクトリテラルを返せばよい。

const f = param => { return { foo: "bar" } }
console.log(f()) // { foo: "bar" }

アロー関数におけるthisの束縛について

アロー関数内のthisと従来の無名関数の中のthisは違うところを指していることに注意する。

以下のように、コードがあるとする。

function Count() {
  this.count = 0 // 注①
  setInterval(function() {
    this.count++ // 注②
  }, 1000)

}

const counter = new Count()

// 3秒後に呼び出すので「3」と出力されるはずだが…
setTimeout(() => console.log(counter.count), 3000) 

Count()は、1秒ごとに+1するコンストラクタである。

それを3秒後に呼び出すので「3」と出力されるはずだが、実際は「0」のままになる。

注①のthisは、Count()インスタタンスのthisとして定義されるが、注②のthisは、グローバルオブジェクトのthisとして定義されるため、注①のthis.countはずっと「0」のままになる。

これを回避するための方法としてよく用いいられるのが、var self = thisというコードを書いて呼び出し先のthisを制御する。

function Count() {
  this.count = 0
  var self = this // 一旦、インスタタンスのthisをselfに入れる。
  setInterval(function() {
    self.count++ // selfに変え、呼び出し元をインスタンスの方を参照するようにする。
  }, 1000)

}

const counter = new Count()
// 期待通り「3」と出力される。
setTimeout(() => console.log(counter.count), 3000)

ここで、アロー関数に書き方を変更すると、var self = thisは必要なくなる。

なぜなら、アロー関数だとthisを束縛できるからである。

「thisを束縛」とは何か?

従来のアロー関数ではない中のthisは関数が呼び出された時点でthisが決まっていく。

つまり、thisが確定していない。thisを束縛していないことになる。

上のソースの例だとsetIntervalのコールバック関数として関数が実行されるためthisはクローバルオブジェクトのthisを指すことになる。

アロー関数の場合、アロー関数内のthisは定義されて時点で確定(=束縛)する。

そのため、アロー関数内のthisはCount()インスタタンスを指すことになる。

先ほどコードは、以下のようにアロー関数へ書き方を変えることで期待の動作をしてくれる。

function Count() {
  this.count = 0
  setInterval(() => {
    this.count++ // インスタンスのthisを参照する。
  }, 1000)

}

const counter = new Count()
setTimeout(() => console.log(counter.count), 3000)

以上のように、従来の無名関数の書き方より、アロー関数を使った方がthisの扱いが楽になり、混乱することがなくなるので基本的にはアロー関数を使うよう慣れた方良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です