VueやNuxtの開発でcommitする前にESLintでチェックするやり方

Gitでコミットする際にESLintを走らせて、エラーの場合はコミットさせないようにする。

手順

手順的には以下のよう。

  • コミットされる前の操作である「pre-commit」をhuskyで制御する。
  • lint-stagedでGitのステージングエリアにあるファイルを対象にESLintのコマンドを実行する。
  • Gitコミット時に、ESLintでチェックしてエラーが出ればコミットされない。

必要なモジュール

必要なnpmモジュールをインストールする。

npm install -D husky lint-staged

package.jsonを設定

package.jsonへ以下のように追記する。

  "husky": {
    "hooks": {
      "pre-commit": "lint-staged"
    }
  },
  "lint-staged": {
    "*.{js,vue}": [
      "eslint --fix --ext .js,.vue --ignore-path .gitignore --ignore-pattern /cypress/* ."
      "git add"
    ]
  }

lint-stagedのプロパティでは、*.{js,vue}として対象ファイルをしています。

ちなみに、eslintのコマンドで--ignore-pathで対象外のファイル、--ignore-patternで対象外のディレクトリを設定している。

実際に試してみる

実際にエラーになるパターンとエラーにならないパターンでファイルを編集して、コミットしてみる。

正常に処理されればOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です