【初心者向け】webpackとは?使い方を解説④-css分離化&圧縮化

前回記事の続きです。

スタイルシートを分離するプラグイン

これまでは、スタイルシートはHTML内のヘッダー内に記述されてきました。

ファイルを分けて分離させたいときは、「mini-css-extract-plugin」というプラグインを使っていきます。

インストールしていきます。

npm info mini-css-extract-plugin
npm i -D mini-css-extract-plugin@0.8.0

webpack.config.jsを編集

webpack.config.jsを編集します。

requireでプラグインを読み込んで、plugins:の配列に記述します。

const path = require('path')
const MiniCssExtractPlugin = require('mini-css-extract-plugin') //プラグインを読込

const outputPath = path.resolve(__dirname,'dist')

module.exports = {
    entry:'./src/index.js',
    output:{
        filename:'main.js',
        path:outputPath
    },
    module:{
      rules:[
          {
              test:/\.(sc|c)ss$/,
              use:
              [
                  MiniCssExtractPlugin.loader, //style-loaderの代わりにMiniCssExtractPluginのloaderを追記
                  'css-loader',
                  'sass-loader'
              ]
          }
      ]
    },
    "devServer": {
        contentBase:outputPath
    },
    // プラグインに追加
    plugins: [
        new MiniCssExtractPlugin({
            filename: '[name].[hash].css'
        })
    ]
    op
}

「filename: ‘[name].[hash].css’」の[name]にはmain、[hash]には適当なハッシュ値が入ります。

ハッシュ値はキャッシュ対策として入れます。

ビルドする

それでは、ビルドしてcssファイルが生成されるが確認します。

以下のコマンドを入力して実行

npx webpack --mode development

そうすると、distディレクトリの中にcssファイルが出力されていると思います。

ファイル名にもハッシュ値が付与されていることが確認できればOKです。

CSSファイルを圧縮するには?

CSSファイルを圧縮するには「optimize-css-assets-webpack-plugin」というプラグインを使っていきます。

インスールします。

npm i -D optimize-css-assets-webpack-plugin

webpack.config.jsを編集

webpack.config.jsを編集します。

以下のように、

const OptimizeCssAssetsPluginと、optimization:のところに追記してあげます。

const path = require('path')
const MiniCssExractPlugin = require('mini-css-extract-plugin')
const HtmlWebpackPlugin = require('html-webpack-plugin')
//インストールしたプラグインを取り込む
const OptimizeCssAssetsPlugin = require('optimize-css-assets-webpack-plugin')

const outputPath = path.resolve(__dirname,'dist')

module.exports = {
    entry:'./src/index.js',
    output:{
        filename:'main.js',
        path:outputPath
    },
    module:{
      rules:[
          {
              test:/\.(sc|c)ss$/,
              use:
              [
                MiniCssExractPlugin.loader,
                'css-loader',
                'sass-loader'
              ]
          },
          {
            test:/\.html$/,
            loader:'html-loader'
          }
      ]
    },
    devServer: {
        contentBase:outputPath
    },
    plugins:[
        new HtmlWebpackPlugin({
            template:'./src/index.html',
            filename:'index.html'
        }),
        new MiniCssExractPlugin({
            filename:'[name].[hash].css'
        })
    ],
    //optimizationに追記
    optimization:{
        minimizer:[
            new OptimizeCssAssetsPlugin({})
        ]
    }
}

設定が終わったらビルドして確認します。

ビルドするときは、productionモードでビルドしてあげます。

npx webpack --mode production

そうすると、distディレクトリに圧縮されたcssファイルが生成できています。

まとめ

webpackでcssファイルを別出力する&圧縮する方法は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です