WordPress高速化、Nginx環境にOPcacheとAPCuをインストール

当サイトは、さくらのVPS上にWordPressをのせて構築していているが、体感的に表示速度が遅かった。

WordPress高速化するのため、PHPのキャッシュ機能パッケージであるOPcacheとAPCuをインストールする。

因みに、サーバの設定とかせずにVPSやクラウド上のWordPressサイトを高速化したい場合は、「KUSANAGI」というCMS高速化に特化した実行環境がある。

インストール前後のPage Speed Insightsスコア比較

OPcacheとAPCuをインストールする前と後のPage Speed Insightsスコア。

OPcacheとAPCuインストール前

OPcacheとAPCuインストール後

スコアが劇的にアップしたわけではないが、体感的にもインストール後の方が表示速度は早くなったと感じられた。

OPcacheとAPCuをインストール

OPcacheとAPCuをインストールしていく。

環境は、さくらのVPS、CentOS 7、Nginx 1.17、PHP7.4。

以下のコマンドでインストール。

yum -y install --enablerepo=remi,remi-php74 php-opcache php-pecl-apcu

インストールが完了したらphp -vで確認。

php -v
PHP 7.4.7 (cli) (built: Jun  9 2020 10:57:17) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.4.7, Copyright (c), by Zend Technologies

上記のように、with Zend OPcache v7.4.7となっていればOK。

php-fpmとnginxの再起動して有効化

php-fpmとnginxを再起動するため、以下のコマンドを入力。

systemctl restart php-fpm
systemctl restart nginx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です