【Docker初心者向け】commitコマンドでイメージを作成

docker commitでコンテナ内で作業した内容を、イメージとして保存することができる。

コマンドは以下のよう。

docker commit {コンテナID or コンテナ名} {新しいイメージ名}:{タグ名}

実際に適当なコンテナを起動してシェルに接続して変更をしてみる。

docker run --name nginx-test -it -d --rm nginx /bin/bash

シェルに接続する。

docker exec -it nginx-test /bin/bash

tmpディレクトリに任意サイズのファイルを作成する。

ここでは、1MBファイルを作成

cd tmp/
dd if=/dev/zero of=dummy10M bs=1M count=1

exitで接続を抜ける

exit

docker commitで新しいイメージを作成する。

docker commit nginx-test nginx-test:tag1

docker imagesで新しくイメージができていることを確認。

新しいイメージでコンテナを起動してシェルに接続、1MBファイルがあることを確認する。

docker run -it nginx-test:tag1 /bin/bash
cd tmp/
ls -lh
total 1.0M
-rw-r--r-- 1 root root 1.0M Mar  1 08:54 dummy10M

また、イメージに過去にどんなレイヤーが追加されたの確認するにはdocker historyを使う。

docker history {イメージID or イメージ名}

ちなみに、docker historyを確認しても、詳しいコンテナ内のコマンド操作は記載されることはない。

なので、基本的にはDockerfileでコマンド操作を記述しイメージを変更・作成することが推奨されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です