DockerfileのEXPOSE命令は実際にポートをあけない

EXPOSE 5000

DockerfileのEXPOSEに外部に公開するポートを記述するが、これを記述することで実際にポートをあけて公開するわけではない。

開発者がDockerfileを見たときに「コンテナ起動時にどのポートを使用するのか」を確認するためものであり、公開されると想定されるポートを記述しているだけである。

実際にコンテナ起動時にポートを外部へ公開する場合は、docker run に-pオプションを使う。

docker run -p 5000:5000 sample-image

また、-Pオプションをつけた場合は全ポート公開となる。

docker run -P sample-image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です