Dockerのオーバーヘッドとは

Dockerの入門書等には、Dockerのメリットとしてオーバーヘッドを小さく抑えられるから軽量で起動が早いという記述をよく目にする。

このオーバーヘッドとは簡単にいうと、余計なコストのこと。

従来のホスト型仮想化に比べてDockerのコンテナ型仮想化だと余計なコストを省いてくれる。

そのため、動作も早くシステムのリソース(資源)の使用量も少なくて済む。

このオーバーヘッドという用語はDocker以外のIT分野でも使われるし、さらにIT分野以外のでも使われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です