SSHキーの作成手順(for Windows)

SSH公開鍵認証について

公開鍵認証は通常のパスワード認証よりも、安全にsshのログインができる認証方法

  • 鍵は2つ必要(秘密鍵・公開鍵)
  • 秘密鍵ファイルはローカルにおく(人に知られてはダメ)
  • 公開鍵ファイルはサーバが側におく(人に知られても良い)
  • 秘密鍵を持っていないパソコンからはログイン接続できない

SourceTreeでSSH keysの生成

SourceTreeを起動する

  • [ツール] で、[SSH キーの作成またはインポート] を選択する。
  • [PuTTY キー ジェネレーター] ダイアログで、[Generate] をクリック
  • マウスポインタを空白領域で適当に動かして、SSH キーの生成する。
  • [Key passphrase] と [Confirm passphrase] は空のまま
  • [Save public key] (公開鍵)と[Save private key](秘密鍵) をクリックして、それぞれ保存する 。
  • 公開鍵には、ファイルに “.pub” ファイル拡張子をつける。
  • 保存先は慣例的に「C:¥Users¥{ユーザー名}¥.ssh」へ

SSHエージェントに登録

  • タスクトレイに「Pageant」というものがあるので、それをダブルクリック。
  • Pageant Key Listが開かれるので、【Add Key】を選択。
  • 作成した秘密鍵「〇〇.ppk」を選択。
  • キーの詳細が表示されたら【Close】で閉じる。

Gitホスティングサービスに公開鍵の登録

作成した公開鍵をGitHubなどのホスティングサービスに登録する。

SourceTreeでpullやpushができるか確認する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です