【さくらVPS】Nginxのインストール手順

さくらVPSでWebサーバーであるNginxをインストールする手順を紹介する。

OSのバージョンはCentOS7。

以前の記事で書いた【さくらVPS】LAMP環境構築手順SSHのセキュリティ設定まで終わっている前提で進める。

一般ユーザでログインしておく(鍵認証)

ssh -p 45454 -i ~/.ssh/id_rsa user@xxx.xxx.xxx.xxx

80番ポートと443番ポートをあける

ファイアウォールが起動していなければ、起動しておく。

sudo systemctl start firewalld

http接続に使う80番ポートと、https接続で使う443番ポートがファイアウォールで閉じられいるので、開ける設定をします。

sudo firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
sudo firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanent

firewalldを再起動します。

sudo systemctl restart firewalld

設定の確認をします。

sudo firewall-cmd --list-all
public (active)
  target: default
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: eth0
  sources:
  services: dhcpv6-client http https ssh-45454
  ports:
  protocols:
  masquerade: no
  forward-ports:
  source-ports:
  icmp-blocks:
  rich rules:

services:にhttpとhttps追加されていることを確認。

Nginxインストール

Nginx公式サイトを参考にインストール。

[nginx-stable]版と[nginx-mainline]版があるが、[nginx-mainline]が推奨されているのでこちらをインストールする。

NginxをインストールするにはNginxのレポジトリファイルを追加する必要がある。レポジトリファイル群は「etc/yum.repos.d/」にある。

まずは、現状のレポジトリを確認

ls /etc/yum.repos.d/
CentOS-Base.repo       CentOS-Media.repo    CentOS-fasttrack.repo
CentOS-CR.repo         CentOS-Sources.repo  epel-testing.repo
CentOS-Debuginfo.repo  CentOS-Vault.repo    epel.repo

ここにNginxのレポジトリを追加する。

レポジトリファイルの追加

Nginx用のレポジトリファイルの「nginx.repo」を以下のコマンドで作成・編集していく。

sudo vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

ファイルの内容は、Nginx公式のレポジトリ作成ページを参考に作成する。

「baseurl」箇所を環境に合わせて変更してファイルを作成する。

今回はCentOS7なので、以下ようになる。

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

上記を「nginx.repo」へコピペ して保存

Nginxパッケージのインストール

Nginxパッケージをインストールする。

sudo yum -y install nginx

インストールが始まり、最後に「完了しました!」が出ればOK。

Nginxの起動

以下のコマンドでNginxを起動

sudo systemctl start nginx

起動しているかステータスを確認

sudo systemctl status nginx

「Active: active (running)」の表記があれば正常の起動していることが確認できる。

自動起動の設定

サーバー再起動時にも、Nginxも起動するように自動起動を設定する。

sudo systemctl enable nginx

自動起動の設定がなされているかは、以下のコマンドで確認できる。

「enabled」とでれば自動起動設定がされている。

sudo systemctl is-enabled nginx
enabled

Nginxのデフォルトページをブラウザで確認

WebブラウザでNginxのデフォルトページを確認します。

さくらのVPSで契約しているIPアドレスをWebブラウザへ直接入力して表示確認。

『Welcome to nginx!』のページが表示されればOK。

次は、Nginxでのバーチャルホストの設定をやっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です