SSH接続でWARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!が出たときの対処法

SSH接続しようとしたら、「WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!」っていうのが出た。

エラーの原因

サーバのOSを再インストールしたときなどによく出る。

SSH接続するときに安全に接続するため、接続先のサーバー情報をクラインと側に保存する。その保存情報が以前接続した情報と一致しない場合は接続エラーになる。

解決方法

保存される情報は、「known_hosts」に保存されるので、この中の接続したいサーバ情報を削除してあげればいい。

削除するコマンドは以下

ssh-keygen -R ホスト名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です