【Gitコマンド】管理したくないファイルを管理外にする

ファイルをGitの管理外するには?

以下、2点について説明します。

  • .gitignoreファイルを作成して管理外にする方法
  • .gitignoreファイルを作成または、書くのを忘れてコミットしたファイルを管理外にする方法

.gitignoreファイルを作成

.gitignoreファイルに書かれたファイル名・ディレクトリ名はGitの管理外になり、コミットされません。

書き方は以下のようになります

# .envファイルを除外
.env

# node_modulesディレクトリを除外
node_modules/

.gitignoreファイルに記載するのを忘れた場合

.gitignoreファイルに書くのを忘れて、コミットした後の場合は

以下のようなコマンドで除外できます。

git rmで除外

# ファイルごと削除の場合
git rm [対象ファイル名]

# ディレクトリごと削除の場合
git rm -r [対象ディレクトリ名]

上記二つの場合だと、Git管理下から除外されますが、ローカルの対象ファイルも削除されます。

ローカルにはファイルを残してGitの管理だけ除外したい場合

Gitの管理だけ除外したい場合は、以下のコマンド

git rm --cached [対象ファイル名]

※この場合、.gitignoreファイルの追記も忘れずに

カテゴリーGit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です