Laravel + XAMPP環境で「Hello World」を表示させるまで【Windows10】

事前にXAMPPLaravelComposerをインストールしておいてください。

LaravelのインストールはLaravelのインストール方法、方法は2パターン【Windows10】を参考にしてみてください。

プロジェクトフォルダの作成

まずは、作業するためのフォルダを作成します。

コマンドプロンプトを起動して、XAMPPの「htdocs」フォルダに移動

cd C:\xampp\htdocs

Laravelコマンドの実行

「laravel new プロジェクトの名前」で、コマンドを実行します。

今回、 プロジェクトの名前は「app」で作成。

composer global require "laravel/installer" --prefer-dist
laravel new app

または、こっちでインストール

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel app

コマンドを実行すると、色々とインストールされるので完了するまで待ちます。

URLにアクセスしてページ確認

以下の、URLにアクセスすればLaravelのデフォルトページが確認できます。

http://localhost/app/public/

PHPテンプレートファイルの作成

appフォルダの中の「resources」->「view」に移動して、「helloworld」を作成し、さらにその中に「index.php」という名前でPHPファイルを作成します。

ソースをは以下を記述します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Hello World</title>
</head>
<body>
    <h1>Hello World!!</h1>
</body>
</html>

ルートの設定でテンプレートを表示

作成したテンプレートを表示させるため、ルート情報を設定します。

「routes」->「web.php」を開きます。

「web.php」に、以下のソースを追記します。

Route::get('hello', function () {
    return view('helloworld.index');
});

保存したら、以下のURLにアクセスして表示確認します。

http://localhost/app/public/helloworld

きちんと、「Hello World!!」が表示されれば完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です