Nuxt.js(SSRモード)をDocker Composeでdeployする

Nuxtプロジェクト(SSRモード)をDocker Composeを使って起動させる方法を説明する。

今回は、Nuxtプロジェクト直下にDockerfiledocker-compose.ymlを置く。

まずは、Dockerfileから。

Dockerfile

FROM node:12.16.1-alpine

EXPOSE 3000
ENV NUXT_HOST=0.0.0.0

RUN mkdir -p /nuxt-app
WORKDIR /nuxt-app

RUN apk update && \
    apk upgrade && \
    apk add git && \
    apk add curl

COPY package*.json ./

RUN npm install

必要はないが、gitやcurlもとりあえずインストールする。

Dockerは命令文を実行するたびにイメージレイヤーを作成してしまうため、RUN命令は、&&でつなげた方が良い。

さらに、\ を使って複数行にして見やすくした方が良い。

Dockerコンテナ内部に「nuxt-app」ディレクトリを作成してそこでNuxtプロジェクトを動かしていく。

まず、ローカルにあるpackage*.jsonをコンテナにコピーして、npm install必要なパッケージをインストールする。

次に、docker-compose.ymlを作成する。

docker-compose.yml

version: "3"
services:
  frontend:
    build:
      context: .
      dockerfile: Dockerfile
    ports:
      - "3000:3000"
    volumes:
      - /nuxt-app/node_modules
      - .:/nuxt-app
    command: ["npm","run","dev"]
    environment:
      - NODE_ENV=development

Dockerコンテナを起動した際に、npm run devでNuxtアプリを起動するようにする。

.dockerignore

イメージに含めたくないファイルは.dockerignoreに書く。

ビルドには不必要なファイルを除外することで、ビルド時間の短縮になる。

.git
node_modules
.nuxt

Dockerコンテナの起動

最後に、Dockerコンテナをビルドして起動する。

docker-compose up -d --build

コンテナが起動したら、ブラウザでlocalhost:3000にアクセス。

これで、Nuxtプロジェクトが動作していればOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です