Vue.jsの開発環境Vue CLIのインストールと初期設定

いつもはVue.jsのフレームワークであるNuxt.jsで開発を行なっているが、Vue CLIでの開発環境の構築をしてみる。

事前にNode.jsをインストールしておく。

Vue CLIのインストール

コマンドラインを起動して、Vue CLIをインストールする。

Vue CLIは基本どこでも使えるようにしたいので、グローバルインストールする。

よって、-gオプションをつけてインストールする。

npm install -g @vue/cli

終わったらバージョンの確認

vue --version
@vue/cli 4.4.1

プロジェクトの作成

以下のコマンドでプロジェクトを作成

vue create <プロジェクト名>

presetの選択肢がでるので、defaultを選択。

Vue CLI v4.4.1
? Please pick a preset: (Use arrow keys)
❯ default (babel, eslint)
  Manually select features

インストールが始まるので終わるまで待つ。

開発用サーバーの起動

以下の手順のコマンドで開発用サーバーを起動する。

cd <プロジェクト名>
npm run serve

http://localhost:8080/にアクセスし、ブラウザでVue CLIのデフォルト画面が表示されればOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です