【JavaScript入門】reduceについて説明と使い方

reduce()の説明と使い方を説明する。

reduce()は、配列の隣り合う値に対して関数を適用させて、その実行結果を返すメソッド。

コードを書いて動きを確認してみる。

const arr = [1, 2, 3]

console.log(arr.reduce((acc, cur) => acc + cur)) // 6

まず、第2引数のcurには、arrの値が順番に入ってくる。

第1引数accには前回実行時の値が入ってくる。

そして、返値として最後に実行された値を返す。

具体的に実行処理は以下。

  • 1回目の実行:cur=1となり、前回実行の値はないので、1が返る
  • 2回目の実行:cur=2となり、前回実行の値はacc=1なので、1+2=3が返る
  • 3回目の実行:cur=3となり、前回実行の値はacc=1なので、3+3=6が返る

コメント

タイトルとURLをコピーしました