Laravelのやっておいた方がいい初期設定

Laravelをインストール後の、やってほい方がいい初期設定

  • タイムゾーンを日本時間に
  • エラーメッセージを日本語化

タイムゾーンを日本時間に

「/config/app.php」を編集します。

'timezone' => 'UTC',
↓
'timezone' => 'Asia/Tokyo',

エラーメッセージを日本語化

「/config/app.php」を編集します。

'locale' => 'en',
↓
'locale' => 'ja',

resources/lang/ja/validation.php作成

エラーメッセージの日本語ファイルはデフォルトで設置されていないので、手動で設定していきます。

Laravel 5.1 日本語バリデーションメッセージファイル
Laravel 5.1 日本語バリデーションメッセージファイル. GitHub Gist: instantly share code, notes, and snippets.

上記、URLから「validation.php」をダウンロードしてきます。

「resources/lang/ja/validation.php」という感じで設置します。

キャッシュをクリア

$ php artisan config:clear
または
$ php artisan config:cache

/config/*.phpを編集した後に反映されない場合は、「php artisan config:cache」をしていてキャッシュを読み込んでいるのが原因。

なので、上の2つのどちらかのコマンドを実行する必要がある。

使い分けとしては、開発環境ではphp artisan config:clearしておいて、本藩環境ではphp artisan config:cacheとするこが推奨されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました