Vagrantでローカルとサーバ側のデータを同期する共有フォルダの設定手順(vbguestを使わない編)

以前、Vagrantでローカルとサーバ側のデータを同期する共有フォルダの設定手順という記事を書いたが、プラグインである「vagrant-vbguset」が、カーネルのバージョン違いでうまく動作しない場合があるので、プラグイン「vagrant-vbguset」 を使わない共有フォルダの設定手順をまとめます。

vagrant-vbgusetアンインストール

「vagrant-vbguset」は使わない方法をとるので、インストールしている場合はアインインストールしておきます。

vagrant plugin uninstall vagrant-vbguest

アンインストールされていることを確認します。

vagrant plugin list

まだなにもインストールしていない場合は、Vagrantのインストールをして仮想マシンでCentOS7までインストールしておきましょう。

手順はこちらを参考に
Windows10 + VirtualBox + VagrantでLAMP開発環境手順(1)

VirtualBoxにisoイメージファイルを挿入

VirtualBoxでの作業になります。

まず、設定する仮想マシンを電源オフします。

「ストレージ」選択して、ディスクの選択アイコンをクリック。

「ディスクを選択」ボタンを押します。

追加ボタンを押して、「VBoxGuestAddition.iso」を選択します。

※「VBoxGuestAddition.iso」 がある場所は、OracleディレクトリのVirtualBoxの中にあります。

Windowsの場合は、以下。

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox

VBoxGuestAdditionのインストール

コンソール画面に戻って、vagrantで仮想マシンの起動します。

vagrant up

サーバーへログインします。

vagrant ssh

事前に必要なもの

事前準備として以下のパッケージが必要となります。

kernel-headers kernel-devel gcc make

インストールされているか確認

yum list installed | grep kernel
rpm -qa | grep kernel-headers
rpm -qa | grep kernel-devel
rpm -qa | grep make
rpm -qa | grep gcc

なければ、インストール

sudo yum install kernel-headers kernel-devel gcc make

kernelのバージョンの差異があるとうまくいかないので、バージョンの確認をしておきます。

yum list installed | grep kernel
kernel.x86_64                       3.10.0-957.5.1.el7          @koji-override-1
kernel-devel.x86_64                 3.10.0-957.21.3.el7         @updates
kernel-headers.x86_64               3.10.0-957.21.3.el7         @updates
kernel-tools.x86_64                 3.10.0-957.5.1.el7          @koji-override-1
kernel-tools-libs.x86_64            3.10.0-957.5.1.el7          @koji-override-1

上記のように、kernel-develとkernel-headersのバージョンが異なっています。

バージョンをあわす為に、kernelのアップデートをします。

sudo yum update kernel

再度、バージョンがそろったか確認します。

yum list installed | grep kernel
kernel.x86_64                       3.10.0-957.5.1.el7          @koji-override-1
kernel.x86_64                       3.10.0-957.21.3.el7         @updates
kernel-devel.x86_64                 3.10.0-957.21.3.el7         @updates
kernel-headers.x86_64               3.10.0-957.21.3.el7         @updates
kernel-tools.x86_64                 3.10.0-957.5.1.el7          @koji-override-1
kernel-tools-libs.x86_64            3.10.0-957.5.1.el7          @koji-override-1

次に、GuestAdditionsをマウントします。

sudo mkdir -p /mnt/cdrom
sudo mount -r /dev/cdrom /mnt/cdrom

マウントがされて、「/mnt/cdrom」にファイルがたくさんあることを確認します。

ls -la  /mnt/cdrom 

GuestAdditionsをインストールします。

sudo sh /mnt/cdrom/VBoxLinuxAdditions.run

インストールが完了したら、今度はVagrantfileを編集するので、ログアウトしておきます。

exit

共有フォルダの設定

Vagrantfileを編集します。

vi Vagrantfile

「config.vm.synced_folder」の箇所のコメントアウトをはずして、共有するゲストOSをホストOSのフォルダをそれぞれ設定します。

config.vm.synced_folder "C:\\Users\\username\\Documents\\project", "/usr/local/bin"

vagrant設定の更新をするため、再起動します。

vagrant halt
vagrant up

起動したら、サーバーにログインして共有されていることを確認します。

vagrant ssh
ls -l /usr/local/bin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です