Windows10 + VirtualBox + VagrantでLAMP開発環境手順(2)

Windows10 + VirtualBox + VagrantでLAMP開発環境手順(1)の続き

vagrantでssh接続できたところから。

[vagrant@localhost ~]$

これからLAMP環境を構築していく

  • Apache
  • PHP7
  • MySQL5.7

rootユーザーになる

su

パスワードは「vagrant」。

以下のように、「#」が先頭につけばOK

[root@localhost vagrant]#

SELINUXの無効化

SELINUXはセキュリティの為、デフォルトで有効になっていますが、取り扱いが難しいので、ここではオフにします。

cofigファイルを開いて、編集する。

vi /etc/selinux/config

以下の箇所を変更

SELINUX=enforcing
↓
SELINUX=disabled

適用させるために、CentOS7を再起動させます。

reboot

再度、vagrant sshでssh接続してrootユーザになります。

getenforceと入力して、Disableと出ればSELINUXが無効化されています。

[root@localhost vagrant]# getenforce
Disabled

Apacheインストール

yum -y install httpd

Apacheの起動

systemctl start httpd

MySQLのインストール

CentOS7で、デフォルトで入っているMariaDBをまずは削除する

yum -y remove mariadb-libs.x86_64

リポジトリを追加して、インストールする。

yum -y install http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-8.noarch.rpm
yum -y install mysql-community-server

MySQLの起動

systemctl start mysqld

PHPのインストール

まずは、リポジトリを追加する。

yum -y install epel-release
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHPをもろもろインストールする。

yum -y install --enablerepo=remi,epel,remi-php70 php php-devel php-intl php-mbstring php-pdo php-gd php-mysqlnd

ブラウザで確認

http://192.168.33.10/へアクセスする。

Apacheのテストページが表示されればOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です