さくらVPSとさくらのメールボックスを同じ独自ドメインにする方法

さくらのVPSで独自ドメインでWEBサーバーを運用している場合、メールアドレスのドメイン も同じドメインで使用したい場合があると思う。

でも、メールサーバーをたてるには、PostfixやDovecotの設定が必要で結構めんどい。

そこで「さくらのメールボックス」。

このサービスは月額換算約86円と安い。

この「さくらのメールボックス」を使ってメールアドレスのドメインもWEBサーバーと同じ独自ドメインにする。

やることは、ネームサーバの設定でAレコードにはさくらのVPSのIPアドレスを設定し、MXレコードにさくらのレンタルサーバの初期ドメインを設定すること。

  • Aレコード・・・さくらのVPSのIPアドレス
  • MXレコード・・・さくらのレンタルサーバの初期ドメイン

既存ソーンの削除

すでに、ネームサーバの設定をしている場合は、ネームサーバのゾーン情報を一度削除する必要がある。

会員メニュー → 契約情報 → ドメインメニューから該当ドメインの「ゾーン削除」をクリックして削除する。

再度、左メニューのドメインメニューの「ネームサーバ新規登録」をクリックしてドメインを登録する。

設定の反映には2時間ほどかかるようだ。

さくらのメールボックスの設定

さくらインターネットサーバコントロールパネルに行く。

左メニューのドメイン設定 → ドメイン/SSL設定 → 新しいドメインの追加をクリック。

「2. さくらインターネットで取得したドメインを使う」で、前述の「ネームサーバ新規登録」で登録した同じドメイン名を選択して「送信する」をクリック。

ネームサーバの編集

再度、会員メニュー → 契約情報 → ドメインメニューで該当のドメインの「ゾーン編集」をクリック。

エントリ名「@」のAレコードをさくらのVPSのIPアドレスに変更する。

エントリ名「@」のMXレコード「10 @」を「10 hogehoge.sakura.ne.jp.(レンタルサーバーの初期ドメイン)」に変更する。

ちなみに、「レンタルサーバーの初期ドメイン」は、サーバコントロールパネル管理画面の左メニューの「お客さま情報」で確認できる。

注意点として、MXレコードの最後には「.」ピリオドが必要。

最後に、左の「データ送信」リンクをクリックする。

反映までには数時間から48時間かかる。

48時間を超えても反映が確認できない場合は再度設定を見直すか、さくらインターネットへ直接問い合わせをして確認をしてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です